4億円の紙袋

4億円の紙袋

最近世間を騒がせているニュースといえば政治とお金の問題。

民主党小沢幹事長が購入した土地代金が4億円だった。

その4億円を当時の秘書であった石川議員が紙袋で受け取ったという。この4億円がすべて1万円札だった場合でも4万枚になる。その重量は約42kgにもなる。銀行の100万円単位の帯がついていたら400束ということだ。

あるニュースでは紙袋4つに入れていたとあるが、想像してみると入らないと思う。結構大き目の紙袋であれば入るかもしれないが、束になっているものを裸で紙袋の中に入れることは考えられないのです。多分500万とか1000万で紙包みしているものを紙袋に入れたのではないか。

そうすると結構かさ張るので収まりにくいと思われる。それと1億円は10kgあるので普通の紙袋に入れて持ち歩くとヒモが切れてしまうのです。そのように類推していくと6つから8つの紙袋に分散して入れなくてはいけないのです。

そうすると一度に一人では持てない。8つの袋だと4人で持たなくては無理です。6つでも3人です。そのように移動させたのは不自然と思われる。ニュースでは詳細に伝えてくれないが、紙袋で受け取った後に鞄に入れ直したと考えるのが自然だろう。

それにしても紙袋に大金を入れるというのは庶民感覚が全く無い証拠だろう。民主党といっても幹部は元自民党である。体質は変わらないのだろうか。あまり失望させないようにしてほしいものだ。

2010年1月18日|

カテゴリー:袋ニュース