合格祈願すべらサンド

合格祈願すべらサンド

すべらサンドは、JRと北陸銀行が5年前から受験シーズンに無料で配布しているお守りです。お守りの袋には列車の滑り止めの砂を入れています。

受験の滑り止めにひっかけて列車の滑り止めの砂を使った合格祈願のお守り。

今年はさらにお守りの効力を高めるために、初めて高岡関野神社で砂をお祓いしてもらい、その後袋に詰められました。

高岡関野神社は、加久彌神社、関野神社、高岡神社という3つの神社がひとつになって出来た神社である。この中で高岡神社は武将の前田利長氏が1610年に建立した神社で有名である。神社はひとつになったのであるが、本殿は3つありそれぞれに違う神様が祀られている。

学問の神様の菅原道真公も祀られているので肖りたいところ。

 「すべらサンド」はJR高岡駅と富山駅、魚津駅で、大学入試センター試験前日の1月15日の午前9時半から行われる合格祈願祭の後、あわせておよそ1千900個が先着順に配られます。

お近くの人は滑り止めに是非どうぞ。

2010年1月12日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:袋ニュース

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://xn--cp2a.johox.com/mt/mt-tb.cgi/16

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)